2010年01月21日

<治水>河川はんらん許容…有識者会議、政策転換検討で一致(毎日新聞)

 できるだけダムに頼らない治水対策を検討している国土交通省の「今後の治水対策のあり方に関する有識者会議」が15日開かれ、「洪水を許容する政策への転換を検討することが必要」との判断で一致した。来年夏ごろに提言をまとめる方針。従来の治水策はダムと堤防で流量を調節して河川からあふれさせないことを目指してきたが、河川のはんらんを許容して洪水を分散させる「流域治水」へと転換される可能性も出てきた。

 この日の会議では、▽河川対策▽流域対策▽ダム事業の検証のための基準作り−−の3分野にわけて検討することを決めた。ゲリラ豪雨の多発など想定を上回る大雨が増えていることも背景に、「流域治水」も議論することでも一致。はんらんへの対応として、土地の利用規制や水害保険制度の創設なども検討することにした。

 「流域治水」が導入されれば治水対策の大きな転換となる。しかし、複数の関係省庁や多くの自治体にまたがる政策のため、議論の行方は不透明だ。

 また、ダム事業の見直し基準については、▽完了までの期間や事業途中での効果の有無▽維持管理コストが的確に見込まれているか▽費用便益になじまない生態系などをどう考えるか−−などの論点が示された。【石原聖】

「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日−気象庁(時事通信)
ビル転売で8億円脱税、暴力団組長ら逮捕(読売新聞)
<箕面のサル>メロンパンの攻防は続く(毎日新聞)
<300日訴訟>「違憲ではない」原告の請求棄却 岡山地裁(毎日新聞)
右車輪出ないまま着陸=羽田空港(時事通信)
posted by トミオカ カズマサ at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<歌会始>「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)

 新春恒例の宮中行事「歌会始の儀」が14日午前、皇居・宮殿であった。今年の題は「光」。天皇、皇后両陛下や皇族方に加え、入選者10人と召人(めしうど)で歌人の武川忠一さん(90)、選者の歌が伝統にのっとった発音と節回しで披露された。応募は2万3346首、うち海外は20の国・地域から172首だった。

 天皇陛下は皇居・吹上御苑内の小道を散策した際、木々の間から光が差し込んでいる場所に草が青く生えている情景を詠んだ。皇后さまは、結婚50年を迎えた昨春、夕暮れの皇居内を天皇陛下と散策した時の印象を詠んだ。皇太子さまは08年8月に富士登山をした際にご来光で山肌が赤く染まった情景を、皇太子妃雅子さまは冬に散策した赤坂御用地の日の光を受けて美しく輝く池の情景を詠んだ。【真鍋光之】

【関連ニュース】
<歌会始>全作品はこちらで
<歌会始>佳作者
<歌会始>来年の題は「葉」

センター試験終了へ=札幌で大雪、開始繰り下げ(時事通信)
<将棋>名人戦A級順位戦 丸山4勝目(毎日新聞)
発砲3人殺害、自殺の大阪市職員は妻に暴力「迷彩服の“変人”」(産経新聞)
<日航>御巣鷹遺族らが要望書 合理化で事故再発不安(毎日新聞)
<訃報>影山文朗さん90歳=元豊年製油会長(毎日新聞)
posted by トミオカ カズマサ at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。