2010年04月13日

<鈴木副文科相>教員人事権移譲に「理念は共有」と評価(毎日新聞)

 大阪府教委の教員人事権を市町に移譲する計画を橋下徹府知事が5市町長と進めていることについて、鈴木寛副文部科学相は8日の会見で、「民主党が言ってきた地方教育行政のあり方と大きくは違ってはいない。基本理念は共有していると思う」と述べ、前向きな評価を示した。

 鈴木副文科相は、現行法でどのようなことが可能か、法律面で詰めの作業が必要としながらも、「私のレベルで申し上げれば、理念、方向は共有している」と述べた。

 文科省によると今年1月、大阪府教委にある教員の人事権、教員定数の決定権、学級編成基準の策定権、給与負担の4点について市町に移譲できないか、大阪府から問い合わせがあった。法律改正が必要な給与負担を除く3点について、移譲が法律の趣旨や目的に沿うか、総務省など関係省庁と協議が続いているという。【本橋和夫】

【関連ニュース】
原子力副読本:小中学生に配布 エネ庁と文科省
高校無償化:特設電話を開設−−文科省
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
高校無償化:「朝鮮学校対象に」 大学教員の会、文科省に992人要請
文科省:キレる児童の指導法を記述 解説書案まとめる

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<新党>議員5人確保にめど 中川氏が自民離党届(毎日新聞)
気象庁係長、すり未遂現行犯逮捕=通勤中「何度かやった」−警視庁(時事通信)
個別記事リンクに賠償請求? 日経サイト方針に大批判(J-CASTニュース)
政府、対北制裁を延長=6回目、核・拉致解決へ圧力(時事通信)
posted by トミオカ カズマサ at 02:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。