2010年01月15日

認知症GH、大都市部などで3ユニットまで可能に―厚労省通知(医療介護CBニュース)

 厚生労働省老健局高齢者支援課はこのほど、認知症対応型共同生活介護事業所(認知症グループホーム)の設備基準についての通知を発出した。1事業所当たりの共同生活住居(ユニット)の数が2つ以下とされていたのを、首都圏、近畿圏、中部圏の特定地域に限って3つまで認める。

【「認知症GHのユニット数が3つまで認められる『既成市街地等』」詳細】


 高齢者支援課によれば、施設用地の確保が難しい大都市部などにおいて、事業所が設置可能なユニット数を3つにまで広げることで整備を促進し、その地域に住む人が近くにある認知症グループホームを利用しやすくするほか、雇用を創出する狙いもあるという。

 ユニット数が3つまで認められるのは、租税特別措置法上の「既成市街地等」で、東京都では23区と武蔵野市の全域、大阪府では大阪市の全域などとなっている=表=。


【関連記事】
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査
介護従事者の「バーンアウト」を防ぐには―認知症ケア学会シンポ
注目される認知症短期集中リハ、意欲などの改善も
認知症の人も働きたい!―グループホームでの「就労デイ」
認知症の人のケアは「その人の人生を振り返って」

いつでも、元気な家庭教師です。
k36ezjbeの日記ブログ管理ツール
アライコダイ
g6t5hz4hの日記ブログ管理ツール
ただしのブログ
posted by トミオカ カズマサ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。