2010年02月15日

<前原国交相>名古屋港の飛島ふ頭を視察(毎日新聞)

 前原誠司国土交通相は14日、名古屋港の飛島ふ頭などを視察し、神田真秋愛知県知事や中部財界の代表らと意見交換した。国交省が進める「国際コンテナ戦略港湾」選定作業の一環。

 国際コンテナ戦略港湾は、国際競争力の強化に向け国が重点投資する港。「スーパー中枢港湾」に指定されている伊勢湾(名古屋港と四日市港で形成)、京浜港(東京・横浜港)、阪神港(大阪・神戸港)から1〜2カ所を6月に絞り込む。

 飛島ふ頭は全国で唯一コンテナ輸送などを自動化しており、国交相は視察後、記者団に「非常にポテンシャル(潜在力)のある港だという印象を持った」と述べた。

【関連ニュース】
前原国交相:「秘書3人起訴の事実は重い」
高速道路整備:あり方議論の検討会を設置 前原国交相表明
前原国交相:JR不採用問題「早く解決を」
前原国交相:トヨタのリコール問題で米大使と会談
前原国交相:巨大航空、2社必要か…体制見直し検討も

<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)
最大輸送機で重機空輸=陸自ハイチPKO(時事通信)
<普天間移設>共産党書記局長が与党議員のグアム視察を批判(毎日新聞)
小1虐待の継父 強盗容疑で逮捕状 静岡県警(産経新聞)
<通天閣>2・10(ニット)の日に手作りマフラーの贈り物(毎日新聞)
posted by トミオカ カズマサ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。