2010年03月04日

寺院境内に男性遺体=二所ノ関部屋マネジャーか−大阪(時事通信)

 26日午前10時5分ごろ、大阪府茨木市別院町の東本願寺茨木別院で、「男性が首をつっている」と保育所のバス運転手から110番があった。男性は二所ノ関部屋マネジャー猪口嘉幸さん(51)とみられ、府警茨木署が自殺とみて確認を急いでいる。
 同署によると、猪口さんは寺院境内のプレハブ小屋内で、梁(はり)に首をつった状態で発見された。
 同部屋の関係者によると、猪口さんは大相撲春場所を控えて大阪を訪問。6日前からプレハブ内で練習用の土俵を作っていたという。 

岩手・久慈で最大波120センチを観測(産経新聞)
山本病院事件“共犯”医師、留置場内で病死か(産経新聞)
<向精神薬横流し>院長に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
ハローワークは移管対象外=国の出先機関改革で−原口総務相(時事通信)
高速増殖炉もんじゅ再開、原子力安全委が了承(読売新聞)
posted by トミオカ カズマサ at 03:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。